体力的要求の大きさの違い

ハードな仕事が多い長距離ドライバーの仕事はしっかり稼ぎやすい

ドライバー求人の待遇の違いは、各社の経営状態ばかりでなく、仕事上で求められる体力と大きく関係することがあります。たとえば、荷物の積み下ろしや長時間の運転などハードな仕事を担当する機会が多い長距離ドライバーは、若くして高収入を目指しやすいといった特徴があります。長距離ドライバーに必要とされる体力の程度は勤め先にもよりますが、ドライバー数が限られている会社では連続勤務を任されることもあり、少なくとも人並み以上の体力がある人が重宝される傾向が見られます。なお、初めから長距離ドライバーとして働くことに抵抗がある人は、未経験者からベテランまで様々な働き方を選択できる運送会社を就職先の候補に入れるのがおすすめです。

地域内で営業するルート配送の仕事は体力に自信が無い人も安心

地域内で営業をするルート配送のドライバーの仕事は、日々の業務内容にそれほど変化がなく、残業や夜勤を命じられることがほとんどないことから、体力に自信にない人も働きやすくなっています。一方で、長距離ドライバーなどの勤務時間が不規則で体力が要求される職種と比べて、給料が安く抑えられている会社が多くみられます。そのため、ルート配送の仕事を通じて安定収入を得たい人は、現場で経験を積んでから社内で管理職になるためにスキルアップを図ったり、業務に直結するライセンスを取得したりすることが大切です。また、運転技術やコミュニケーション能力が高い人は、ルート配送の経験を生かして恵まれた条件で同業種に転職できることもあります。

トラックドライバーは、長距離でしっかり稼ぐほかに、中短距離で日中のみ稼働する働き方もあります。ドライバーの転職は、自分の働き方に合わせて選ぶことができます。