ドライバーの求人が多い地域

運送会社が集まる都市部は年間を通して求人募集が行われることも

ドライバーの求人数には地域差がありますが、特に大手から中小まで様々な規模の運送会社が集まる都市部では年間を通してドライバーの募集が行われることがあります。また、全国的に営業をしている運送会社を中心として、ドライバーの人材不足を補うため、正社員以外の採用にも力を入れているところも少なくありません。そうした状況の中、ドライバーの就職先を選ぶにあたっては、各社が扱っている主な事業の内容や、仕事上で使用する車種について詳しく調べることが大切です。なお、長距離トラックのドライバーなど営業エリアが広い職種については、ドライバーの在籍状況によって休みが取りづらくなることもあるため、求人選びの際に注意を払うことがおすすめです。

高齢化率が高い地域では若手ドライバーの確保が急務となっている

高齢化率が高い地域においては若手ドライバーの不足の問題を抱えている運送会社が少なくなく、ドライバーの中途採用だけでなく、大学や高校などの新卒者の確保に積極的なところも目立っています。若手ドライバーの受け入れを強化している運送会社においては、会社が大型免許や中型免許を取得するために掛かる教習費用の全額をサポートしたり、免許を取得した後の業務研修の機会を用意したりするところもあります。 また、遠方からドライバーの就職を希望する20代から30代の若者に対して社員寮の提供や、採用後一定期間の手当の金額を上乗せする会社も増えています。その他、はじめから正社員のドライバーとして働くことに不安を感じる人のため、契約社員やパートから正社員を目指せるシステムを導入する運送会社もあります。

一口にドライバーの募集と言っても職種は意外と多いものです。大型トラックのドライバーは、片道何時間もかかるような長距離を走行するのが基本です。普通免許しか持っていないくても仕事ができる場合もあります。